Home > 2012年10月

2012年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

おとぎの宇宙で夢をよみ、銀河鉄道の夜を行く、透明な空、10月。

お久しぶりです☆
10月も一週間経ちました。
10月はきっと、星や宇宙やUFOなんかがスッキリとした空に見やすくなる一月かな~と思います。

今日は体育の日。
からだと心をを一つにして元気にやっていきたいものですね☆



6日はNonsugar企画の「おとぎの宇宙で夢をよむ 参」で、色濃い宇宙たちが夢をよんでいました♪

私は相変わらず「みどりきみどりふかみどり」の呪文を唱えながら、緑色の宇宙をよみました。私が歌うとよく電話がなります。

岡沢じゅんさんは、凄いパワーを持つ宇宙で、散らばった星たちをひとつの銀河にまとめるパワーがあります。

にたないけんさんは、朗らかで等身大の宇宙を真ん中に集めたような世界が目の前で広がって行きました。凝縮してるのに広がる、濃縮還元みたいな?

主催者のNonsugarの宇宙は、広い透明でした。今までがすべて透明で覆われました。『広すぎる宇宙、狭すぎる視野(Nonsugar「おとぎの宇宙で夢をよむ 」より)』



私が歌うとよく電話が鳴る。
「絶滅寸前」のレコーディングの時もそうだったし、この日のライブで「こおり」という曲の直前の時にお店に電話がかかって来たり、鳩時計が終わったあともマナーモードを解除した私の携帯電話が鳴った。
この日のライブは、自分と自分の曲とに向き合って、40~45分のセットをしました。
テハンノは行ったのは3回目だったけど、ライブは初めてでした。
なので、ムラカミマイとしてテハンノのステージに立ったのは初めてだったのですが、テハンノのステージの時空間は凄まじいということがわかった。
前回行った時からムラカミマイのライブをここでしてみたいと思っていましたが、やっぱりそうだった。あそこのステージは時空間が歪んでいる。いや、もしくは歪みのないものを捕まえられる場所。そう感じました。
舞台上では時間の進み方が遅く、ゆっくりした気流が流れており、その分ムラカミマイの動向もゆっくりと追うようにUFOをとらえた。
重力が少し軽めなので、からだの動きが空中にゆっくりと混ざっていく感じがしました。ムーンウォーク。
テハンノのステージ、素敵です。お気に入りに追加!


とにかく、「おとぎの宇宙で夢をよむ」シリーズにフル出演してきて、この第三回目「参」のテーマになっていたという「深化」がよく現れていたのではないかなぁ~と思いました。

皆さんありがとうございました☆
主催のNonsugarさん、ありがとー!





←出演前にお腹と心を落ち着かせたミスドのパンプキンクリームドーナツ&ホットミルク。











そして昨日7日は、FactoryKyotoにて「銀河鉄道の夜」というイベントに出演しました。


↑誘ってくれた阿部潤くん×ライブペインティングの脇田さん2Fにて


↑銀河鉄道の夜をテーマにした演劇、放課後キャンパスさんの1コマ1Fにて。


これもまた、本当に自分的にいいライブをさせて頂いたなぁ~と思いました。今回は30分でしたが、町家という舞台で、あまりセットリストなんかを決めずに、普段家でやっていることをそのまま出しながら、自由に動き回って音を楽しんだ。
音を楽しむにはその環境も必ず含まれている。空気の量が変わるからだ。
音響効果を機材なしでも調節出来る。畳の上、フローリングの床、お風呂場やベダンダや台所、楽しかった!
しかし30分という枠の中と見てくれている人聴いてくれている人たちがいること、近隣の人たちもいるなど、枠の中ですごく自由になれた気がした。












{おまけコーナー}
夜になる前に銀河鉄道から途中下車をして、見に来てくれたおっちょこちょいなお友達とぶらり飲み歩きデパ地下の旅に行った思い出の4コマ写真↓

①ウキウキ

②わくわく

③やっぱり

④しくしく





白ワインをこぼしながらも、楽しく酔っ払い、
再び銀河鉄道に乗って夜を行くと、ライブペインティングも終幕を向かえていた。
銀河鉄道の夜やライブ前に飲んだホットミルクや、宇宙や最近の事がその絵の中に同時に詰め込まれていて、妙に感動していた。










しかし、自由になれた気がしたヒトトキも束の間、出演を終えたあと、反省しなければならないような事もあった。自由の範囲は誰かの範囲も含めて行動しなければいけない。みんながキリキリせずに笑顔だけで過ごせる空間を共有出来るように、自由に反省したいと思います。取り返しのつかないことを取り戻したいです。


6日、7日と、ある京都の山の上でUFO会議があったというのを小耳にはさんでいたり、 宇宙に関するイベントに出演させていただいたり、反省しなければならない自分の行動に目を向けたり、自由の範囲を考えさせられたりと、本当にムラカミマイという脱け殻に向き合ったヒトトキを過ごした気がします。


これからも、音楽と表現し続けていけるようになりたいです。






≪ライブ情報≫
【ムラカミマイ】
●10月15日(月)@VOXhall(京都・三条)
『おなかのさぐりあい』
open 18:00 / start 18:30
ticket¥1.000(+2drink or 1food1drink)
出演/藤谷☆幽体離脱、ムラカミマイ、深田和良、加納良英、かえる、イツキライカ、金丸亮太、ニシハラシュンペイ



●10月27日(土)ムラカミマイ@かつおの遊び場(大阪・難波)
●10月28日(日)ムラカミマイ@B1(島根・松江)





【リサとマルガリータ】
●10月21日(日)@OneDrop(大阪・谷町九丁目)
出演:コネコブルース、ジャンボリー、リサとマルガリータ



詳細は追ってアップします。

ご予約お取り置きはmw7mw7mw@gmail.comまでどうぞ。
(各種SNSメッセージでも承ります。)





Home > 2012年10月

検索フォーム
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。