Home > 2010年10月

2010年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

レモンティー紅茶



さて、皆さんこんにちは☆

(イントネーションはご自由にどうぞ。)


10月も今日で終わりそうなお時間になってまいりました。
11月になればきっと元気を取り戻すだろうと心が弾む私です♪
10月の悩みは、顔のブツブツがなかなか治らないことと、喉が痛いのは鼻が詰まっているせいだということを自覚していることでした。
11月の悩みは、きっと葉っぱの匂いが枯れて行くのを敏感に感じすぎる事でしょう。



昨日、水筒に紅茶を入れて持っていこうと思い、紅茶ティーバックを色々選んでいました。

アールグレイにダージリン、ブレックファースト、ストロベリー、ハイビスカスやローズティー。
色々あったんですが、これにしました!!!

『レモンティー紅茶』



最初はウキウキしながらお湯を沸かし、ティーバックの封を開けてお湯が沸騰するのを待っていました。
そして待っている間、ふとティーバックの封を開けた後のパッケージをまじまじと見ていると、

『レモンティー紅茶』


と書いているではありませんか!!!



(どういうこと???)




私は今までレモン入りの紅茶はレモンティーだと思っていました。

しかし、そのパッケージには「レモンティー味の紅茶」というようなニュアンスを含んでいるかのような表記がしてあるではありませんか!!


『レモンティー紅茶』



なんか、井上陽水を思い出しますね。


ティーバックでレモンティーというのは珍しいなぁ~と思いながら、よく考えてみると、
そのネーミング、きっと正しいんだろうなーと思う味でした。

レモンの果汁を紅茶に入れると元の色より酸が混じって赤くなります。
それは、レモンを入れたからです。
これは、レモンティーだと私は思います。

しかし、レモンティー紅茶はレモンを絞らなくても、レモン風味がほのかにします。
レモンティーを再現した紅茶のティーバックなんですねぇ~~。
これが、レモンティー紅茶なんだなぁ~と自分を納得させていたのでした。




『レモンティー紅茶』



もし、見かけた方がいらしたら一度その確かなネーミングとのマッチ感をお楽しみくださいませ。

















違いを見分ける事。
何を基準にそうなっているのかは、人それぞれ。
自分の感覚や思いをぶつけ合って、同じ枠の中で話が出来るか否か。
そうでなくても、ぶつかりあったものたちをそれぞれの中でどのような距離感で扱うのか。
そういう違いがあるから、いつどこでだれとなにをどのようにぶつかり合っても、すべて面白いと思えるのかもしれない。
そういうことがしんどいとか、面白くないと思っているのは、きっと話せる相手と話し合っていないからではないか。
ゴールの見えない迷路でずっと迷っている世界。それは、実際に目に見えている範囲でしかものを見れなくなってしまっているからではないか。
紙の上に今自分が迷っている迷路の図を書いてみたら、一目見ただけでゴールが分かるかもしれない。
違う角度から見えるようになると、わかることもある。
自分だけで生きていたって、自分が何者かもわからない。
誰かがいるから何かしらの自分だとわかるんだ。
だから、あなたに出会えたことに、感謝します。

あなたの中の私が私です。




この間、西舞鶴に行って居酒屋に入ると、スペインの巡礼ロードを旅した人に出会った。
その人は旅の途中、色んなジプシーたちの演奏を聴いて、すぐにどれが本物でどれがお金儲けのためだけかというのがわかったという。

―「本物」―

私がこの人から聞いた本物とは、”コラソン”が入っているかそうでないかだと思った。
”コラソン”とは、スペイン語で「魂」のことである。
私もたまにスペイン語の歌を歌ったりしているが、歌詞の中にこの”コラソン”という言葉が使われることが多い。
大学時代の南米好きの先輩は、「”コラソン”というのは向こうでは重要なことなんだ」と言っていたのを思い出した。
コラソンの抜けた歌は確かにもうひとつ伝わりにくいし、逆にコラソンしかない歌はなんか非常に伝わってくる。
そういう感覚がある。
コラソンしかなさすぎて、伝わり過ぎて聴けないといこともあると思うが、
そのコラソンをどのように聴き手に伝えるかというのがわかっているのが本物なのかもしれない、と私は思いました。


そして、この人に出会ってからも、クアトロをなくしてからも、私は自分と音楽について、再び見直そうと思ったのです。



それからある日、あるサラリーマンが寂しさに音楽を求めてやってきた。
私はその人がどんな人かは知らないが、「死を覚悟した」というフレーズがその人の口から出てきたので、
そうか、皆そういう時もありますねと思いながら、
その人が楽しそうに私たちの音楽を聴いてくれたことに対して、私もその人のためにといっては大げさなのかもしれないが、一緒に楽しんだ。
そして、最後は喧嘩をして帰りました。


その人がどうなったのかは知らないが、私はその人に出会えて本当によかったと思いました。
私はちゃんとこの世界に生きられていないのかもしれない、と思いました。
その人に喧嘩して言ったことは、私自身にも言ったことだと思います。

自分は真剣に生きていないのかもしれないと思ったりするけど、
きっと私なりには真剣に生きているんだと思うようにしました。


10月は今日まで。
そんなこんなも10月までだ。








魂の入った本物の『レモンティー紅茶』で、またあったまりたくなるのだろうか。





























速報!!~クアトロへの手紙~

これを読んでくれている皆様!!!

速報です!
クアトロ見つかりました!!!!!

皆様のお励ましのお陰で大阪・京都の足跡をたどり、今日、地元で見つかりました!!!!

ほんと、私のボケた頭をどうにか目覚めさせなければいけないようです。

ほんと、ご心配おかけしましたm(__)m
ありがとうございました!!!!!


本当に大切なものは探せば見つかるんですね。
私にとってクアトロの大切さがしみじみわかりました。
本当に大事なものがそばにあるとわかっただけで力がみなぎって、
今日の晩御飯はブロッコリーだけにしようと思っていましたが、
カマスとご飯も食べる事が出来ました!
おいしかったです。


2010,10,25 011


2010,10,25 010







クアトロへ。

大事に出来ていなくてすみません。
荷物減らせるように毎日を見直してみます。
弾きたくてしょうがなくなりました。
これからもたくさん一緒に歌って下さい。
新しい曲も一緒に作りましょう。
一緒にご飯を食べるとおいしいですね。
また色んな場所で演奏しましょう。
どうやら私にとってあなたは大事な存在だったようです。
ボケた頭の私とどうかまた一緒にいて下さい。
戻って来てくれてありがとう。





2010,10,25 019

moondogs24.jpg






クアトラ~ニャとクアトロとトロトロのトロ

こんばんは~。

夜が肌寒くなり、すっかり秋らしい感じになりましたね。

10月も半ばを過ぎ、11月はSHEENAの2枚目のCDが発売に!!
早くライブがしたくて11月が待ち遠しいです。




さて、そんな中、
私が組んでいた民族音楽四人娘の【クアトラ~ニャ】のメンバーたちと久しぶりに集まってワイワイしてきました。
そのうちの一人はアカネコで、リサとマルガリータというユニット組んでいるのでまぁまぁ会っているのですが、あとの二人は一人が東京、もう一人が岡山に引っ越ししてしまったため、なかなか会えなかったので久々に楽しかったです♪
今度は東京に集結の予定。
(ブレブレ自分撮り写真をどうぞ~↓)


2010.10,13 065



クアトラ~ニャやリサとマルガリータといえば、
SHEENAの時とは違い、
私がクアトロという4弦ギターを弾き語りしている事で有名ですが(笑)、





ここで、迷子のお知らせを申し上げます。





額(ヘッドの部分)に「Acha」と製作者の文字が刻まれた、
黒のナイロンケースに内側は段ボール加工、ひもは2本調節付きがフックでついており、
子供たちが染めた手染めの布にくるまれております、クアトロというお名前の4弦ギター様、
お連れ様がお探しでございます。
弦はHANNABACHの青い(high tension)ナイロン弦を張っていて、ケースポケットに予備が入っております。


おられましたら、ムラカミマイの手元までお戻りくださいませ。









実は、愚かなことにクアトロをなくしてしまったのです。。。。。。。(TT)





家に持って帰ったと思いこんでいて、
クアトロを弾きたくなった時に置いているはずの場所に行こうと思ったけど、
やっぱりギターにしようと思って、そこから先はクアトロの事は忘れて、ギターを弾いて過ごしていました。
そして、急遽使おうという日が来て、その前日の夜にクアトロを家じゅう探しても何故か見当たらず、
次の日5時起きだったのですが、クアトロのありかが気になって気になって1時間しか寝れずに現場に向かい、クアトロが家出したことを伝えました。


京都の公園で一人お昼ご飯をひっそりと食べていた時に忘れてきたのか。
どこかへ持って行って置いてきてしまったのか。
電車の網棚に置き忘れたのか。そもそも網棚に置いたのかどうか。
家のどこかでかくれんぼしているのか。。。



その事件は、ちょうど私が【ムラカミマイ】としてソロの弾き語りをクアトロで去年1年間を過ごして来た事を考えている時でした。
9月の末に、久しぶりに京都のネガポジというライブハウスにウォーラスというバンドを見に行って、自分の世界を表現することを半分抑えていた私は、そのバンドが出す世界に入り込み、よい意味で現実逃避が出来、終わった後は涙を流してしまったのです。
いつになるかはわからないけど、またソロで何かがしたいと思って、そのきっかけを作ってくれている人たちにも後押しされてやる気になった途端、クアトロちゃんは家出してしまっていました。。。


ほんとに、気付くのが遅かった。。。
自分でもビックリしてます。
あんまり言いたくないけど、ほんと、バカです。。。



複雑な心境隠しきれずにすみませんが、
どなたか私のクアトロ発見されましたら是非ご一報くださいm(__)m





ってここで言っても仕方ないけど、もしもの為に書いておくことにしましょう。お許しあれ。



京都に届けを出して見つからなければ聞き込み調査開始です。






クアトロ~~クアトロ~~~!!!!



トロトロ~~




トロを食べてもおいしくないぞ!クアトロ~~~~!!!!











見つかったら即報告します!!!





Home > 2010年10月

検索フォーム
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。